QueenGのグルメ日記

間違いなく美味しいグルメガイド!

福岡で美味しい焼肉店!韓国料理もオススメ。

焼肉喜久家

福岡市博多区中洲2丁目〜地下鉄中洲川端駅徒歩6分!キャナルシティ博多から徒歩5分の位置にあります。

福岡・博多で美味しい焼肉と韓国料理が食べられるお店として評判のコチラは〜中洲1丁目にある老舗「喜久家」の姉妹店!鉄板料理や鍋料理など・・・大切な人を「おもてなし」する時には老舗「喜久家」を利用される方が数多いがコチラはカジュアルな「焼肉・韓国料理」が愉しめるとあって中洲では人気なお店です。

九州のおいしいものが集まる街!福岡・博多は「魚介海鮮類」が美味しい〜そして誰もが食す「もつ鍋」「水炊き」「豚骨ラーメン」などを連想しがちですが・・・ 九州には「佐賀牛」「鹿児島黒牛」日本一の「宮崎牛」など「ブランド牛」がたくさんあるので「焼肉」も間違いなく美味しい。

外観内観は「和モダン」なオシャレなデザインで1Fカウンター席と2F個室テーブル席と用途に応じて使い分けできそう〜スタッフにお肉は?と尋ねると「宮崎牛」です!とね・・・選び抜いた極上肉と韓国料理を堪能しました!

先ずは韓国料理「ケジャン」から〜美味しい!渡り蟹をジャンに漬け込んだ本場の美味しさがココにはありますよ・・・「タコポックム」「イカフェ」などソウルや釜山で食した味わいと変わらずプチトリップしたような気分になります〜料理長は東京や福岡で人気な韓国料理店で研鑽を積まれた方だそうです。

焼肉は「厚切り牛タン」から〜噛めば噛むほど肉汁と旨みが口の中いっぱいに広がる美味しさ!「特選ハラミ」はお肉の旨みがダイレクト!驚くほど柔らかく口に入れた瞬間に肉汁があふれます!「上ロース」はきめ細かくサシが入った肉質と上品さが特徴で赤身の味わい深く流石な「宮崎牛」1度食べたら忘れられない〜人気な理由があります。

締めは「冷麺」〜本場の「冷麺」はお出汁がシャーベット状態になっていて冷んやりとしていながら優しい味わいでペロリと美味しく頂けます〜女性が好きな味わい!オススメな〆な逸品です。

お肉が食べたくなったら立ち寄りたいお店!ごちそうさまでした。

Enjoy 和牛 Life☆

f:id:QueenG:20201127100319j:plain

f:id:QueenG:20201127100326j:plain

f:id:QueenG:20201127100332j:plain

f:id:QueenG:20201127100339j:plain

f:id:QueenG:20201127100347j:plain

f:id:QueenG:20201127100354j:plain

f:id:QueenG:20201127100402j:plain

f:id:QueenG:20201127100408j:plain

f:id:QueenG:20201127100416j:plain

f:id:QueenG:20201127100423j:plain

f:id:QueenG:20201127100431j:plain

焼肉喜久屋

 

野菜たっぷり「タンメン」はミシュラン級でした。

手打ちうどん円清☆

福岡市中央区舞鶴2丁目〜地下鉄赤坂駅徒歩8分!天神エリアから徒歩8分!舞鶴小中学校の隣のマンションに位置します。

先日はコチラの「讃岐&埼玉」ハイブリッド「うどん」を頂いて〜福岡には無いクオリティ高い「うどん」である事をレポートさせてもらいました!今回はなんと「ラーメン」です。

「円清」さんは店主がうどん屋を始める前にラーメン店で修行されていたこともあり・・・定期的に「ラーメン」を振舞われるサービスをされています!11月は2回〜11/10と25日でした!どちらも違ったラーメンを頂いて来ました。

外観は「ラーメン」開催日には暖簾が「赤」にチェンジされます!店内はカウンター席とテーブル席となりメニューが「ラーメン」に変わるくらいでいたって平常と変わりません〜前回も思いましたがBGMに「クイーン」が常時流されていてます・・・11/24日はフレディーの命日でもあったので「クイーン好き」には灌漑深いものがあります〜映画「ボヘミアン・ラプソディ」や「ライブ・エイド」の「フレディー」のパフォーマンスは未だ色褪せない。

頂いたのは「しょうゆ味玉ちゃーしゅー」「野菜たっぷりタンメン」です。
先ずは感動レベルMAXとなった「野菜たっぷりタンメン」から〜透明感あるスープを啜ってみると・・・おっ凄いわ!美味しい〜鶏出汁清湯に野菜たっぷりの旨味が素晴らしい!豚肉も入っているので九州エリアでは「ちゃんぽん」に使いと言った方がわかりやすいかもしれないが・・・馴染みある「ちゃんぽん」と比較しても秀逸に美味い!「あっさり塩味」と言えばそうだがこのレベルの「タンメン」を出せるお店は日本でも数少ないと思います〜野菜はシャキシャキ!と火入れも完璧〜豚肉が脇役ながらいい仕事をしている!麺は自家製で「うどん」でもそうだったが「麺線長し」と期待を裏切らない仕様はとても美味しい。

「しょうゆ味玉ちゃーしゅー」のスープから〜おっコチラは「煮干し」がベース!「うどん出汁」と同じで・・・「煮干し」の香りが漂い!優しい味わいながら「醤油かえし」とマリアージュされ奥深い旨味を感じる!今流行っている「ニボニボ感」をガツンと来るタイプでなく上品ながら繊細な仕様は福岡にはまず無い!東京のミシュラン店とさして変わらないクオリティです〜この店主は何を作ってもこのハイレベルを提供できる達人ですね!

トッピングされる具材も洗練されている!「ちゃーしゅー」「穂先メンマ」と隙が何一つありません〜「麺」は「タンメン」と同じ麺線長い仕様ながら美味しい。

来月の「ラーメン日」が楽しみです!次は「手打ちざる中華」「しおらーめん」を食べてみよう〜ミシュランビブグルマン候補店です!気になる方は「必食価値有り」です。

ごちそうさまです。

Enjoy Ramen Life☆

f:id:QueenG:20201126084443j:plain

f:id:QueenG:20201126084450j:plain

f:id:QueenG:20201126084457j:plain

f:id:QueenG:20201126084503j:plain

f:id:QueenG:20201126084511j:plain

f:id:QueenG:20201126084517j:plain

f:id:QueenG:20201126084524j:plain

f:id:QueenG:20201126084530j:plain

f:id:QueenG:20201126084537j:plain

f:id:QueenG:20201126084544j:plain

手打ちうどん円清

 

クリーミーな和風担々麺!あまり辛くないから万人ウケしそう。

f:id:QueenG:20201125095422j:plain

f:id:QueenG:20201125095429j:plain

f:id:QueenG:20201125095436j:plain

f:id:QueenG:20201125095443j:plain

濃厚担担麺 博多 昊


福岡市中央区春吉1丁目〜地下鉄渡辺通り駅徒歩5分!天神エリア徒歩10分くらいに位置にあります。

担担麺専門店として「福岡・博多エリア」は人気を馳せている人気店など数多くあり〜特に「博多担々麺」の「有吉商店」などは近隣では1番人気で担々麺ファンから昼夜と熱い視線を集めている・・・さてコチラは東京銀座の人気店「銀座 昊」の暖簾分けとなる店舗で2017年末にオープンし3年が経過します!店主は福岡県宗像出身で従前のお仕事の際に立ち寄った担々麺専門店「銀座 昊」で出会い「濃厚でクリーミーながら、花椒の痺れる辛味、五香辣油の香り、一口食べて、この味に惚れました」と一念発起し今に至る。

外観はホテルニューオオタニ裏の交差点の角地!RC2階建の1Fにあり店内はカウンター席のみとなっています〜入店してから券売機にて購入して空いている席へと・・・頂いたのは店主が感動したと称する「濃厚担々麺」をチョイス!全部のせでお願いしました。

店主から「パクチー」大丈夫ですか?と尋ねられ「OK」の合図と共に調理が始まります〜しばしの待ち時間の間に卓上調味料などを拝見してみる・・・「黒酢」「米酢」「五香辣油/ウーシャンラーヨウ」などあり激辛にされたい方はそれなりに卓上調味料でも可能のようだが〜券売機で「5辛」のみトッピングとして販売されていたのでそちらでも激辛仕様にできそうです。

先ずはスープから〜おっなるほどなクリーミーな味わい!鶏ガラベースにたっぷりの「胡麻」を使用したと情報ではありましたが・・・豆乳も入っている?かなって思わせるような「まろやか」で「なめらか」な濃厚なスープは「ナカムラボ」の坦々麺に近いものがありますね〜きめ細かなクリーミーなスープはブレンダーによるもので中々の旨味と濃くを感じる深みある美味しさです。

そこに軽めな刺激で「花椒」「辣油」が担々麺感を出してくる〜「肉味噌&パクチー」を合わせるとアジア・マレー風な味わいとなり愉しめる一杯です!本場中華圏の担々麺とは違う!博多担々麺とも違う!オリジナルな和風担々麺です。

麺は縮れ加水率若干高めの中太麺!まずまずのスープとの絡みは悪くないが・・・もう少し低加水麺を試してみたいね〜低加水平打ち麺あたりが合いそう。

次回は「汁なし担々麺」でも食してみよう〜ごちそうさまでした。

Enjoy Ramen Life☆

 

大人の隠れ家で日本料理をいただく!

さか本☆福岡市中央区薬院1丁目〜西鉄薬院駅徒歩7分!天神エリアから徒歩15分くらいの位置にあります。

コチラはオープンして5年目!「ミシュランガイド福岡2019」でビブグルマンに掲載された和食「日本料理店」としても早々に舌の肥えた美食家を唸らせている〜店主は浄水通の「田佳倉」で修業された新進気鋭の若手30代とあって注目を集めています。

外観は雑居ビル2F!店内は欅のカウンター席とテーブル席とあり打ちっぱなコンクリート壁と木の温もりが融合するモダン&スタイリッシュ!な空間に静寂さがなんとも言えない雰囲気です。

頂いたのは〜厳選した季節の食材を使った贅沢な創作和食コースの数々でした!
先ずはシャンパンで乾杯!合わせる前菜は「柿とタイラギひも」→柿の甘さに酸味の効いた副菜にタイラギのひもが絶妙なコラボレーション〜1品目から日本料理の真髄に・・・

2品目「焼き茄子と1年牡蠣&車海老」→通常は2〜3年かけて出荷される牡蠣ですが1年という短期間で成長させ出荷される牡蠣は縮みにくく旨味が濃いとあって料理店から支持される逸品〜焼き茄子の香りか漂う!牡蠣&プリプリ車海老が甘めのお出汁でうまく纏められ味わい深いです。

3品目「鯖寿司」→対馬産の鯖は脂のりも良く上品!酢締めも完璧で酢飯にナイスマッチです。
4品目「蕪蒸し」→蓋を開けると松茸の香りがふわっと〜木のスプーンでトロッとしたお出汁と蕪蒸しを口の中に運ぶと広がる美味しさに笑みが溢れる!凄いねってね感じる逸品です。

5品目「さわらの炙りと鯛とウニ」のお造り〜皮目を炙られたサワラは今が旬!魚に春と書いて鰆と春が旬のようだが秋のサワラはサイズも大きく脂のりもいいので美味しい〜どれも秀逸でした。

「焼物」「鱈の白子と下仁田ネギ」を経て〜「イチボステーキ」に「穴子の飯蒸し」と四季折々&旬を感じる日本料理を堪能した!名物でもある「穴子の飯蒸し」は絶品でありました・・・日本料理と聞けば堅苦しく入りにくいイメージがありましたがカジュアルでありながら創作豊かな料理の数々は器から盛り付けまで細部の装飾に渡り愉しめました。

最後のデザートは「栗とチーズモナカ」と最後の最後まで美味しく!店主が奏でる物語「沼」にハマりそうです〜またの機会に訪れたい!記念日に訪れたい!ランチに訪れたいお店です。

ごちそうさまでした。

Enjoy Gorumet Life☆

f:id:QueenG:20201124073128j:plain

f:id:QueenG:20201124073134j:plain

f:id:QueenG:20201124073141j:plain

f:id:QueenG:20201124073148j:plain

f:id:QueenG:20201124073155j:plain

f:id:QueenG:20201124073202j:plain

f:id:QueenG:20201124073209j:plain

f:id:QueenG:20201124073216j:plain

f:id:QueenG:20201124073223j:plain

さか本

 

店主のワンオペは神懸かり!

一楽ラーメン志免店☆

福岡県粕屋郡志免町別府エリア〜地下鉄福岡空港徒歩10分!福岡市内博多区から粕屋郡志免町に伸びる県道551号線沿い!福岡空港から「来来亭」を通過「五斗蔵交差点」そして新しく出来た「ニトリ」の隣に位置します。

「一楽ラーメン」は東区を中心に5店舗が盛業中!「九産大前店」は現在閉店となっているが・・・週刊少年ジャンプで連載された忍者漫画「NARUTO」主人公「うずまきナルト」の大好物として知られているのがラーメン!その作中に出てくる「一楽」がこの世に実在するのをご存知だろうか?モデルとなった「一楽ラーメン/九産大前店」は作者の「岸本斉史」さんが九州産業大学に在学中に通っていたと言われており・・・それで作中に登場することになったらしい〜コミックス16巻では表紙になっているためもはやファンにとっては伝説の店だろう。

ちょうどランチタイムが過ぎた13時くらいに入店しカウンター席に!ほぼ満席で次から次へとお客様が入れ替わり立ち替わり・・・店内はカウンター席にテーブル席と座敷テーブル席と年期の入った店舗に先代ご夫婦と2代目店主の3名でお店を回しています〜このオペレーションが物凄い!入店してきた常連客は「唐揚げ」とか「ラーメン」など入ってきてお店の都合など気にせず早々に注文を投げかけてくる・・・そして座敷テーブル席やテーブル席からは「替え玉2つ」とか初めてきたお客様はしばらく考えて「ラーメン」とかねーその飛び交う注文を伝票など取らずに店主のスーパーコンピューターが記憶していきワンオペで調理して配膳していくという神懸かり捌きに驚きを隠せない〜そして計算となってどうするのかなって観察していると・・・迷うことなく各テーブルのお客様の注文を暗算して瞬時に弾き出す!「そろばん何級?」っていや「暗算何段?」ってね・・・半端ない!そして調理もするし溜まった洗い物もするしあんなにアナログで仕事する人は見たのは初めてかもしれない〜ワンオペ全国大会などあるなら間違いなく優勝するでしょう。

頂いたのは「一楽」では定番の「味噌チャーシュー」と「味噌ちゃんぽん」!でもコチラに来店するお客様の大半は「唐揚げ定食」か「ラーメン」の二択が多いようでした〜しかしながら「唐揚げ定食」のボリュームは半端ない!コスパ最強だわー唐揚げもカリカリクリスピーに揚げられ個数も多い!驚くのが「ご飯」超山盛り「マンガ」クラスのフラッペご飯は笑ってしまうくらいレベルです・・・ただこのエリアで働く肉体系労働をされている方から支持されている逸品なんだろう。

先ずはスープから〜正直今まで行ってきた「一楽」と比較したら味はイマイチと落ちるが・・・店主のワンオペを見れただけでお腹いっぱいになってしまった(笑)

また次回はあのフラッペご飯がついた「唐揚げ定食」に挑戦してみよう!

ごちそうさまでした。

Enjoy Ramen Life☆

f:id:QueenG:20201112083155j:plain

f:id:QueenG:20201112083201j:plain

f:id:QueenG:20201112083208j:plain

f:id:QueenG:20201112083215j:plain

f:id:QueenG:20201112083221j:plain

f:id:QueenG:20201112083227j:plain

一楽ラーメン志免店

 

肉天ぷら定食!ステーキ天が美味しかった。

天ぷら定食えびす食堂☆

福岡県糸島市波多江駅北4丁目〜筑肥線波田駅徒歩5分!唐津街道202号線「産の宮交差点」角に位置します。

福岡の「うどん」「豚骨ラーメン」「もつ鍋」「水炊き」に並ぶソウルフードと言って良いだろう「天ぷら」!有名なお店は「天ぷらひらお」「天ぷらだるま」などが歴史長く認知されていますが・・・コチラは「株式会社タケノ」が10年前くらいから始めたブランド飲食店!現在「和白店」と合わせて2店舗が盛業中〜「タケノグループ」は福岡市を中心に居酒屋「竹乃屋」を数多く展開する飲食企業でもあります。

外観は従前の「バーミヤン」をリニューアル!駐車場も完備と街道沿いでは必須条件〜店内は調理揚げ場が2ヶ所あり囲むようにカウンター席があります〜入口券売機で好みのメニューをチョイスして女性スタッフに促されながら指定の席へ!「天ぷらひらお」を模倣したと言って良いレイアウトとオペレーションですが・・・働く女性スタッフがキレキレで捌けていますね〜女性だから仕事も丁寧&綺麗で見ていても気持ちがいい。

「コロナ禍」とあって「イカの塩辛」はテーブル席には置いてなく女性スタッフが小皿に入れて配膳してくれます!必要ならお代わりもとサービス精神は上々〜頂いたのは「海鮮天ぷら定食」「肉天ぷら定食」です。

「肉天ぷら定食」は昨年から始まった新メニュー!「ブラックアンガス牛サーロイン」を使い「肉」が主役の天ぷら定食です〜レア状態で揚げられサクッと噛み切れるやわらかさの「牛サーロイン」が中々の美味しさやった!それが2本と嬉しい〜肉好きにはオススメしたい〜他に「鶏もも」「豚肉」「ナス」「かぼちゃ」「ピーマン」と揚げたてで順次配膳されてきます。

「海鮮天ぷら」は「白身魚」がホクホクでいい塩梅!野菜もいい揚げ具合で美味しかったわー

いや〜今まで「天ぷらひらお」贔屓でしたが・・・「天ぷらえびす」は期待以上の満足でした!少なくとも「天ぷらだるま」よりは揚げ具合も全てのクオリティは良かったです。

また立ち寄りたい「天ぷら」屋さん!ごちそうさまでした。

Enjoy Gourmet Life ☆

f:id:QueenG:20201111070606j:plain

f:id:QueenG:20201111070614j:plain

f:id:QueenG:20201111070620j:plain

f:id:QueenG:20201111070629j:plain

f:id:QueenG:20201111070636j:plain

f:id:QueenG:20201111070643j:plain

f:id:QueenG:20201111070650j:plain

f:id:QueenG:20201111070658j:plain

f:id:QueenG:20201111070706j:plain

f:id:QueenG:20201111070715j:plain

天ぷらえびす食堂波多江店



 

「讃岐&埼玉」うどんのハイブリッド!美味しい。

手打ちうどん円清☆

福岡市中央区舞鶴2丁目〜西鉄天神駅徒歩8分!地下鉄赤坂駅徒歩8分!の位置にあります。

「うどん発祥の地」とされる福岡市は全国的にあまり知られていない〜鎌倉時代に遡る!博多にある「承天寺(じょうてんじ)」を開いた「聖一国師」が「宋」から製粉技術をもたらしたことからか福岡・博多・北九州には「うどん店」が数多い!ソウルフードとしてあげるなら「牧のうどん」「ウエストうどん」「資さんうどん」など・・・誰もが一度は食した事あるだろう〜言わずと知れた全国屈指の「うどん県」でもあります。

コチラはオープンして2年経過と「讃岐うどん」でもなく「博多うどん」でもない「埼玉うどん」を提供する!「埼玉県」も全国的に「うどん県」と知られているが・・・店主は異例な修行経験を持つ〜東京生まれの埼玉育ち!「ラーメン店」で修業していた時期に香川旅行で「讃岐うどん」に魅了され32歳から3年間「丸亀市」の老舗うどん店で修業!そして地元「埼玉県狭山市」でうどん店を開いたという〜店名は「如水」!福岡藩士「黒田官兵衛」が出家後に名乗った名前を店名にと「福岡」とは何かしらご縁があったのかなと今となっては思います。

埼玉県で8年半営業!繁盛したが・・・知人に「福岡博多でやってみないか」と声を掛けられ福岡行きを決意したと言う〜「如水」を閉め「円清」をオープンと現在に至る!店名はやはり「黒田官兵衛」好きから出家後の「如水円清」の「円清」とした!こうして誕生した「円清」のうどんは「讃岐うどん&埼玉うどん」のハイブリッド!麺と「煮干し出汁」ベースを基本としてオンリーワンの味を提供しています。

頂いたのは「カレーうどん」「炙り肉うどん」です。
先ずは「カレーうどん」から〜コチラのカレーうどんは具材をトッピングするスタイル!「豚しゃぶ」をチョイスして暫しの茹で時間から着丼・・・スープからおっ甘い!想像していたスパイシーなカレーと違って優しい甘くてフルーティーなカレーに仕上げっています〜辛味を期待する方はトッピングで「辛味追加」をされるか卓上調味料「一味唐辛子」を好みの辛さまで入れないと物足りなさを感じるでしょう!コレがコチラのスタイルな「カレーうどん」なんでしょう〜しかしながら老若男女から子供までが食せるのでコレはコレで悪くありません!「スパイスカリー」が流行っているからついついスパイスの効いたカレーを期待してしまいます。

「うどん麺」は「もっちり&シコシコ」と福岡県民にとっては丁度いい塩梅!でも麺線が長〜い!
50cm以上は優にある麺はひと啜りでは到底啜り切れません(笑)息が切れてしまう!麺と麺が絡んで持ち上がらないので途中で噛み切って食べるしかありません〜麺は幅5mm厚み3mmくらいで
好みなタイプ!大手門にある人気うどん店のような噛んでいて顎だけが疲弊するようなことがない。

トッピングの「豚しゃぶ」が美味しい!使用されている「豚肉」が上質で量も多いと満足いく!試行錯誤してこのカレーうどんに辿り着いただけあります。

「炙り肉うどん」は「いりこ出汁」が香る!先ずスープから〜優しい「いりこ出汁」が鼻から抜ける美味しさは「いりこ好き」には堪らない・・・強烈な「ニボニボ感」でなく極めて上品なスープに仕上がっています〜そして売り切れ必須「炙りチャーシュー」はラーメン屋さん譲りか!めちゃくちゃ美味しい・・・なるほど納得な「炙り肉うどん」です!麺は「カレーうどん」同様で長〜い麺で「いりこ出汁」との相性もよくて美味しいかった。

定期的に月2回「ラーメン」を振る舞うと言うから「ラーメン」も食べてみたい!11月は11/10と11/25が「ラーメン」となっています。

また立ち寄りたい「うどん屋」さんです!ごちそうさまでした。

Enjoy Udon Life☆

f:id:QueenG:20201110082437j:plain

f:id:QueenG:20201110082444j:plain

f:id:QueenG:20201110082451j:plain

f:id:QueenG:20201110082458j:plain

f:id:QueenG:20201110082505j:plain

f:id:QueenG:20201110082513j:plain

f:id:QueenG:20201110082519j:plain

f:id:QueenG:20201110082526j:plain

f:id:QueenG:20201110082534j:plain

f:id:QueenG:20201110082540j:plain

手打ちうどん円清