QueenGのグルメ日記

間違いなく美味しいグルメガイド!

最高やった!煮干し豚鶏そば。

中華そば栄☆

福岡市中央区大名2丁目11-16〜地下鉄「赤坂駅」徒歩2分!昭和通り沿い!大正通り交差点エリアに位置します。

オープンして1年が経過し「豚骨鶏ガラ煮干し/中華そば」のファンも増えてきましたね〜栄の提供する「煮干しそば」が福岡市民にやっと受け入れられ出したような感じがあります!昨今の非豚骨系オープンラッシュから、豚骨鶏ガラ煮干し系と福岡にもいろんなカテゴリーのラーメンが増えてきました!その中でどれだけの個性を出し続けられるかが長生きのポイントかも知れませんね。

外観はマンション1階!店内はカウンター7席のみ!と小ぢんまりとしたお店でオープン間際は少しの行列が出来たりもします。

先ずはスープから〜はい!美味しい☆いつもは午前の開店に行くことが多かったが、夜のスープはコクが増して更に奥深く美味しいね〜豚骨鶏ガラの動物系や煮干しの味わいが凛といしていて好きだな!レモンサワーがいい塩梅でマリアージュして最高やった!夜はお酒と合わせて食事するのもオススメです。

2023年も福岡「豚骨魚介系トップクラス」のクオリティです☆ガッツリ煮干しでもなく薄いでもない「中濃タイプの煮干し」が流行るってくるかもしれませんね〜麺は自家製太麺!もっちりとした食感でスープとの相性も良く美味しい仕上がり!意外と麺が柔らかくなっても美味しい麺です。

トッピングは、大判チャーシュー、玉ねぎ粗みじん切り、ほうれん草、海苔、とバランスも完璧で最後まで完食完飲してしまいました。

週一通いたいラーメン店です!ごちそうさまでした。

Enjoy Ramen Life☆

中華そば栄

 

本格的なお鮨がカジュアルに!美味しかった。

博多流れ鮨 海進丸☆福岡市早良区西新5丁目1-18エリア〜地下鉄「西新駅」徒歩5分!西新中西商店街通り沿いに位置します。

コチラは「海鮮家 海進丸/西新5丁目」が移転したお店で、本格的なお鮨を手頃なお値段で気軽に楽しめるお店へと2023年2月7日☆新装オープンしました!運営元は肉の勉強屋「西新初喜」です。

外観は海進丸ビル1階!伝統的な組子細工があしらわれたモダンビルは夜になればライトアップされ美しい様相を醸し出します!店内に入ると折り鶴や手毬、そしてスタッフの衣装など大正ロマン時代のような懐かしいデザインがなんとも映えます。

テーブル席に案内されると、タッチパネルからの「フルオーダーシステム回転鮨」の説明をスタッフから受けます!今までのような回転鮨で色々と問題になっている事件を防ぐためにもこのシステムは最善ですね!オーダーを済ますとテーブル横に併設されている上下2列の配膳レーンがあり、到着間際になると「お鮨が届きます」とアナウンスがありレーンの扉が自動で開くシステムです。

肝心なお鮨といえば・・・本格的で全部美味しかったです!先ずは「クエ」から生と漬けに炙りと3つの違った調理で握られたクエは最高でした☆移転前の「海進丸」でもクエのフルコースは最高だったので間違いありません。

次に「マグロ三種」がレーンからご開帳されると「ワーオ」と声が上がるわ〜綺麗な3種類の本マグロは大トロ、中トロ、赤身とどれも繊細な味わいで美味しかった!シャリは赤酢をブレンドしたほんのり甘味がある鮨酢で、出しゃばりすぎないのが良いですね〜最高なネタを美味しくする名脇役に徹しています。

続いて「アジ」「生タコ」「ネギトロ鉄火」「あん肝」「ヒラメ」「ヒメ鮑」に「ズワイガニ」「海鮮巻き寿司」「バッテラ」と、どれも秀逸に美味しかったです!特に「ズワイガニ」はヤバいですね〜こんな美味しいもの食べたら普段のお寿司が食べれなくなります(笑)〆は「アオサ味噌汁」で最後まで楽しめました。

気軽にカジュアルに!たまに立ち寄りたいお鮨屋さんでした〜ごちそうさまでした。

Enjoy Sushi Life☆

博多流れ鮨 海進丸

 

香り高い珈琲!流石のバリスタでした。

小さな焙煎所 花待ち雨珈琲☆

福岡市中央区六本松1-4-11〜地下鉄「六本松駅徒歩7分!このエリアは昭和ノスタルジーな雰囲気が残る温故知新ゾーンで古い建物をリノベした小箱店舗が至る所に点在しています〜コチラもその中の一つで、外観は2階建の古き良き時代に活躍したであろうアパートの1階にあり、タイムスリップしたかのような感覚になります。

2017年9月!警固で間借り営業として始めたカフェ「小さな焙煎所 花待ち雨珈琲(ホマチアメコーヒー)」が始まりで、2020年1月に今の六本松に店舗を構えたそうです!ちなみに、店名の「花待ち雨/ほまちあめ」とは、「私たちの珈琲を飲んで、その人自身やその空間に幸せが降り込みますように」という想いが込められているそうです!本来「外待雨/ほまちあめ」と書き意味は、局地的に降るにわか雨のことを指すそうです。

路地裏のアパートの一室にある小さな焙煎所の店内は、焙煎された香りが心地よく漂い、白と木の温もりを感じる雰囲気がゆったりと落ち着けますね〜頂いたのは、店主オススメの一杯です。

店主が目の前で、ハンドリップでコーヒーを淹れながらいろんなコーヒーの話しをしてくれたりするので、コーヒーの知識がなくても大丈夫!コチラの店主は、ハンドドリップ九州1位、2019年/全国4位、2020年/2位の実力者で、店主の淹れるコーヒーが好きで通うファンも多いとか・・・そして、注ぎ込まれた渾身の一杯が配膳されてきました。

先ずは一口!美味しい!コーヒーの香りが胃袋からターンバックしてきて、ずっと漂っているのが凄い〜自身で毎朝淹れるコーヒーとは大違いです(笑)いい塩梅の酸味とフルーティなアロマ感がなんとも素晴らしいコーヒーでした。

たまに訪れたいカフェです! 珈琲選びに困った時は相談に行くのも良いですね〜ごちそうさまでした。

Enjoy Cafe Life☆

小さな焙煎所 花待ち雨珈琲

 

期間限定「魚介大島ラーメン」美味しい。

大島ラーメンあづまや福岡☆

福岡市中央区六本松1-5-17エリア〜地下鉄「六本松駅」徒歩5分!スポーツクラブNAS護国神社NHK方面に向かう一方通行の通り沿いに位置します。

六本松は、九大跡地の再開発以降〜様々な飲食店がオープンしていますね!この六本松1丁目エリアは温故知新ゾーンで、歴史的な建物を活かしたリノベ店舗からニューカマー店舗と面白い!最近ではカレー屋、海鮮丼、とんかつ、コーヒー、スイーツなど新たなコンテンツも増え週末は色んな人達が行き交うようようになりました。

外観は2階建の1階!店内はカウンター席とテーブル席とあり、木の温もりを感じる和モダンな雰囲気で、アクリル板で感染対策もバッチリされていました。

頂いたのは期間限定「魚介大島ラーメン」です!先ずはスープから〜美味しい☆豚骨鶏ガラスープに、カツオ節が主役な魚介出汁が濃厚にコンプリートされたハイレベルな一杯に仕上がっています!スープを啜るたびに魚介の香りが胃袋からターンバックし鼻から抜けていく極旨スープ☆2023年福岡「魚介豚骨ラーメン」トップランカークラスでしょう。

麺は加水率低めな中太平麺でスープとの絡みもよく美味しい麺です!固い麺を頼まれる方が福岡には多いですが、この麺は普通で頼んでじわじわ柔らかくなる所がいい塩梅で美味しいので試してほしい!トッピングは大判チャーシューに玉ねぎ粗みじん切り、水菜、海苔、魚粉です。

ランチサービスは、ご飯と一品がでついてくる!一品料理は鶏肉を魚介マヨで和えたものでしたが美味しかった!ご飯は残ったスープにダイブさせ雑炊ごはんにして完飲完食し最後まで美味しく頂けました。

今月は勝手「六本松1丁目強化月間」を開催しているので、近いうちにリピ訪麺します〜ごちそうさまでした。

Enjoy Ramen Life☆

大島ラーメンあづまや福岡

 

阿蘇名物「あか牛丼」はヘルシーです。

あか牛Dining Yoka Yoka 福岡ソラリアプラザ店☆

福岡市中央区天神2丁目2-43ソラリアプラザ7階に位置します。

コチラは2022年9月オープン!福岡への出店はKITTE博多店に次いで2店舗目!運営元は「あか牛の三協グループ」で、オリジナルブランド「あか牛 甲誠牛(こうせいぎゅう)」を阿蘇にある自社施設にて、生産から精肉加工まで一貫して取り扱っているグループです。

ちなみに、熊本・阿蘇名物として定着した「あか牛丼」は、阿蘇山北部の麓にある内牧温泉街にある、創業明治43年(1910年)の100年以上の歴史を誇る老舗食堂「いまきん食堂」の「あか牛丼」が発祥として有名です。

店内はカウンター席とテーブル席とあり広々とした空間で開放感があります!頂いたのは、不動の人気No.1「あか牛丼(スープ付き)」です!ネットの情報では価格が1,980円と記載されているのですが・・・メニューを拝見すると「2,290円」と13%の値上げ↑したの?スーパー赤牛丼に至っては3,300円から3,980円と17%とアップされてました〜まぁコレもインフレの影響かと納得理解はしますが、情報提供にはインフレは関係ないのでしっかりとしたリリースをしてほしいと思いました。

赤牛は、レアな焼き加減で提供します!とメニューに記載がありますので、よく焼きが好みの方は注文の際にスタッフに告げればそのような焼き加減にしてくれるようです〜配膳されてきた「あか牛丼」は、モモ肉の塊を自家製タレでレアな焼き加減で仕上げられた厚切りと「牛しぐれ」そしてセンターに「半熟温泉卵」「大葉」と食欲をそそるビジュアルです。

先ずは「あか牛」から〜あっさりとした赤身でヘルシー!甘めのタレが脂身が少ない「あか牛」を補うように濃く旨く仕上げられていて、ご飯が進みます〜「牛しぐれ」も甘めに味付けされているので「温泉卵」を崩し、いい塩梅の卵かけご飯となり美味しさがアップします!ただ、好みですが・・・もう少しメニュー表にある写真のようにレアで焼いて欲しかったなって思いました。

他に「あか牛」メニューで興味深かったのは「上あか牛/ザブトン」「炎のハンバーグ」など、また機会あったら食してみたいね!ごちそうさまでした。

Enjoy Meat Life☆

あか牛Dining Yoka Yoka 福岡ソラリアプラザ店

 

博多カイラ!美味しい〜ミシュラン&百名店候補です。

非豚骨なお人☆

福岡市博多区住吉1-5-1-1 エリア〜地下鉄「祇園駅」徒歩9分!JR「博多駅」徒歩10分くらい!キャナルシティ博多グランドハイアット福岡の裏手雑居ビル2階にあります。

コチラは「らぁ麺なお人/渡辺通り」の2号店!として2022年10月オープン!スープに豚骨を使わないラーメンを提供する非豚骨系ラーメン店とした、第2弾のラーメンを提供〜外観は新築雑居ビル2階!店内は小ぢんまりとしていて、席数はカウンター6席テーブル4席で和食割烹のような雰囲気です。

前回は提供される2つ「FUK中華そば」「鶏黒湯らぁ麺」を食し、ちらも大変美味しかった!今回は最後の一つ「博多カイラ」を頂きに参上しました。

先ずはスープから〜美味しい☆柚子の香りがふわぁ〜と来て、濃厚な貝出汁の風味&旨味がじんわりと広がる!合わせる鶏出汁もしっかりと旨味をグリップし、貝出汁を全面に押し出す脇役に徹するといったバランス構成は素晴らしい〜福岡トップクラスの貝出汁の使い手です☆店主のセンスがレベチで、この3品は今すぐ東京に持っていても大人気となるでしょう。

「博多カイラ」貝出汁に使用されている貝類は、「はまぐり、あさり、牡蠣、帆立、貝柱」をふんだんに使っているとか・・・貝好きには堪らない逸品です。

麺は加水率高めの中太麺でもっちりとした麺でスープともマッチして美味しい!トッピングは味わい深いチャーシュー、しっとりとした鶏胸肉、カイワレ、白ネギに、赤いスパイスはなんだろう?辛くもないからパプリカ?かな〜極ウマいスープの邪魔をすることもなく味方側スタンドで応援しているくらいのテイストでした。

福岡にも東京トップクラスレベルのラーメン屋さんが出来ましたね〜またの機会に3品を食べ尽くす2巡目に行きたいと思います。

ごちそうさまでした。

Enjoy Ramen Life☆

非豚骨なお人

 

うなぎの日!半額イベントに行ってきました。

愛とうなぎ☆

福岡市中央区大手門3丁目エリア〜地下鉄「大濠公園駅」徒歩6分!白い壁のモダンな建物に大きく「愛とうなぎ」の文字が目立つ「カジュアルな鰻料理屋さん」です。

コチラは2020年12月1日オープン!この「愛とうなぎ」をプロデュースするのが近くにある寿司屋さん「鮨料理 一高」です。

店内はカウンター9席のみ!デザインはシンプルながらカフェのような雰囲気となっています〜オープンから数度訪れていますが・・・今回初めて「うなぎの日」と称した「30食限定/半額」イベントに訪問してみました。

11時オープンなので40分前くらいに行けば30食の半額シートは確保できるだろうと伺ってみると、既に18名並んであって19番目にと・・・なんとか食べることはできるポジションを確保できたので安心はしたが、入店したのは2時間後でした!2回転目に入れず、3回転目となったのもあるがお客様の半数が女性ということもあり、手乗りサイズの「うな丼」一つ食べるのどんだけ時間かけるのと?大体の平均滞在時間を計測すると50分くらいでした。

しかしながら〜行列の最後尾は30人以上並んでいるけど大丈夫なのかな?スタッフは並んでいるお客様の数を一度も計測に来たりもしていなかったけど・・・最後尾の方は3時間は並んでいると思います!最後の最後で売り切れました!などあったら激怒するだろうなってね思ったりもしました。

入店すると店内はモクモク鰻焼き煙でスモークされるような雰囲気!鰻好きなら許せる範疇です〜頂いたのは「松4切/3300円→1650円」です。

2時間待った!待望の「うなぎ」が配膳されてきました〜鰻はお腹から尻尾側の4切れ「タレ焼」となっています〜先ずは「うなぎ」単味で食してみるよ!ハイ普通に美味しい!前回訪問した時よりタレはアップデートされいい塩梅になって鰻とのバランスも良くなってますね〜でも、やはり使用される「うなぎ」の成熟期間が浅めな細っそりとした鰻なので今一歩といった感じは否めません。

次に南部鉄器で炊かれた、佐賀県産「ゆめしずく」を食してみると相変わらずな極ウマさ☆福岡飯炊きトップクラスです!こんな美味しいご飯はなかなか食べれませんよ〜半額イベントだから3つの南部鉄器はフル回転と大将は火加減を調整したり、鰻の焼きにと翻弄する大忙しです。

この「半額/うなぎの日」イベントいつまで続けられるんだろう?でも、並んでいるお客様を拝見すると、今まで美味しい鰻を専門店で食べたことないような初心者が大半で、このイベントを機会に潜在的な「うなぎ好き」が増えればいいなとも思いました。

ごちそうさまでした。

Enjoy eel Life☆

愛とうなぎ